サイト内検索
Loading
株式会社パワーテクノ
パワーテクノ電話番号
納期・価格のお問い合せはこちらまで
   
 
 

●空圧用チューブ・継手類
●油圧用ホース・継手類
●動力伝動用ベルト・プーリ
【音波式ベルト張力計(U-508)】
【アライメント】
EVベルト
GTベルト
GTプーリ
MXL・XLタイミングベルト
MXL・XLタイミングプーリ
ユニッタメクトロール
●搬送用平ベルト・コンベヤ
●ニッタワイパー
●メカトロニクス関連・センサー機器
●UHF帯RFID金属対応タグ
●感温性粘着テープ
●ゴム製品・その他
●成型品・加工品
●サブユニット・アッセンブリ
●パワーテクノオリジナル商品



製品情報

カタログ集

製作事例
会社概要
webショップ
 
  HOME > 製品情報 > 動力伝動用ベルト・プーリ > アライメント  
 
アライメント調整機 LASER AT-1
 
 
アライメント調整機LASER AT-1は、ベルト(歯付ベルト・Vベルト)とプーリの取付け時に、簡単にプーリ間の平行度とねじれを確認できる測定機です。

ベルトとプーリのアライメントは、ベルトの寿命・損傷に大きな影響を与えます。

歯付ベルト(タイミングベルト)を駆動させると、ベルトはプーリ中央で静止することはなく、必ずどちらか一方に片寄り(ベルトのサイドスラスト特性による)、プーリフランジに当たって止まります。プーリアライメントが悪い場合、ベルトはプーリフランジに強く押付けられ、著しくベルト端面が磨耗損傷するだけでなく、フラ
  アライメント調整機 LASER AT-1
ンジに乗り上がって切断することもあります。また、心線の伸びが非常に小さいため、プーリアライメントの狂いが大きいほどベルト両端の張力差が大きくなり、ベルト寿命は短くなります。

Vベルトもアライメントが不正確な場合、片寄りから異音が発生し寿命の低下につながります。
したがって、ベルトを機械に取付ける際は、できるだけ正確にプーリアライメントを調整してください。
 
■特長
◆レーザーによりプーリアライメントの調整が可能
  プーリアライメントをレーザーで測定・補正できる調整機です。
※LASER AT-1はクラス2レーザー機器です。ご使用になる際は、取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
【使用例】
アライメント調整機 LASER AT-1 使用例1
 
アライメント調整機 LASER AT-1 使用例2
プーリ間のねじれを確認
 
プーリ間の平行度を確認
 
■仕様
アライメント調整機 LASER AT-1 仕様
 
・本体(レーザー発信機)
・携帯用ソフトケース
・電池1本(単3)
・質量 250g
・最小取付プーリ径 60㎜以上
・レーザー照射角度 78°
・レーザー波長 635~670㎜
  ・マグネットTarget 2個
・取扱説明書(日本文・英文)
・外寸 147㎜(W)×87㎜(H)×28㎜(D)
・使用温度範囲 -10℃~50℃(結露なきこと)
・測定可能距離 10m以下
・レーザー出力 1mW以下
 
※各種アライメントも取り扱っています
 
     
パワーテクノ
Copyright POWERTECHNO CO.,LTD. All Rights Reserved